スノオヒト

自分の≪好き≫を大切に。自分の≪素材≫を大切に。

..【綺麗にならない女性は絶対いなーい!】って言い切れる..

 

 

初めて美容の世界に入って9年程。

その間で一番一番感じること。

 

 

【美は相対美ではなく、絶対美】であるということと

【綺麗にならない女性はいない】ということ。

 

 

「えー、うそっ!?」

「私が綺麗になれるはずがない」って言われそうだけど、

 

 

私はほんっとーに、微塵も疑わず、心からそう思う。

 

 

例えば、私を水原希子さんと比べたら…

100人が100人水原希子さんが綺麗と言うでしょうよ。

※2人位稀有なひとがいるかもしれないけどもw

これ、相対

人と比べてるってこと。

 

 

でも私が思う美は、絶対美

自分の中で比較するということ。

 

 

数年前の自分と比べて…

一年前の自分と比べて…

数か月前の自分と比べて…

≪今の自分のほうが好き≫ってこと。

 

 

美容、美、とは書いたけど、

私の美の概念は相対じゃないから、

≪今の自分のほうが綺麗、美しい≫って表現はちょっと違う。

 

 

≪今の自分のほうが好きかどうか≫

≪なりたい自分になれてるか≫ということ。

 

 

ちなみに私は一人で美容のお仕事を始めた時、

屋号をスノオヒトにした。

スノオヒトは≪素のお人≫

その人の内面、外面の素材に寄り添いたいっていう想いを込めた。

ただ、結局何より自分自身が自分自身に寄り添ってなくて、

屋号に込めた想いは自分自身が一番望んでたことだったんだけども。

 

 

最近自分に向き合う日々を過ごして(あくまでまだ真っ最中w)、

その屋号に込めた想いがよりクリアになってきた気がする。

 

 

今現在自分をなかなか愛せないけど、

今現在自分が自分であることをあまり楽しめてないけど、

それも含めて自分。

 

 

でも、自分を諦めていいの?って気持ちがどっかにある。

自分をあきらめたくなーい!!って声がどっかから聞こえる。

 

そんな、

自分を愛したい人

自分が自分であることを楽しみたい人

 

 

に、内も外も自分の素材全部丸ごと愛しくなっちゃうような美容

無意識で自己否定満載だった私だからできること、絶対あるはず♡

 

 

そんなお客様と繋がれることを祈って初のお仕事記事、締めます!