スノオヒト

自分の≪好き≫を大切に。自分の≪素材≫を大切に。

..頭でわかってるだけだった【イメージと現実が繋がってる】こと、またベリーダンスが教えてくれた..

 

 

少し前にある人に言われた言葉。

「イメージが現実になりやすい人だから、いいイメージを持ったほうがいいよ」

 

 

この《イメージ》と《現実》の因果関係、

実は自分の中で今までぼんやりしてた。

 

 

いいイメージが大事、とか、

イメージできないことは現実にならない、とか、

表現はいろいろあるけれど、

 

 

私の中でどこか『ほんとかな?』ってのがあって腑に落ちてなかった。

漠然としてた。

 

 

でもこの一週間のぎっくり腰生活とベリーダンスを通じて、

なんだかそれが腑に落ちる体験をした。

 

 

というのも、一週間前、私はぎっくり腰になりました。

 

 

resuno-ohito.hatenablog.com

 

 

そして一週間なかなか腰の調子が上がってこず、

ほとんど踊れない日々となりました。

ぎっくり初日から3日間はまだしも、

6日目のゆったりヨガですら試しに行ったら怖かった。

もしかしたら今日9日のレッスンもダメかも…

一週間踊れないなんて、今までの《ぎっくり自分史》の中でも初。

 

 

ところが、昨日。

まだまだ腰は本調子とは言えないものの、

ふとベリーの曲をかけたら今やってる振り付けのイメトレができた。

やろうと思ってやったんじゃなくて、自然と湧いてきた。

 

 

今思えばこの一週間、ベリーの曲をかけるということがまずなかったし、

かけたとしても、イメージが最後まで終わらないというか、途切れる。

何回も踊りこんだ曲なのに…という状態だった。

 

 

そして

『イメージできないことはできない、イメージが大事ってこういうことか』って、

自分の中に腑に落ちた。

 

 

私が書いてることって、読む人が読めばきっと《当たり前》のこと。

『大層になにを当たり前のことを?』って思う人もいるかも。

 

 

ただ私には、

その《当たり前》を自分の中に落とし込む《体感》が、

今まで圧倒的に足りてなかったと思う。

だから私にとっては、【どの気づきも本当に宝物】。

 

 

しかも特にベリーダンスを通じてその体験をさせてもらってると思います。

 

 

resuno-ohito.hatenablog.com

 

 

生きてる限り踊り続けたいなぁと思う。

 

 

イメトレがひょんなタイミングですっとできて、

まだまだとれない動きはあるものの、

今日一週間ぶりにレッスン復帰できました。

 

 

いいイメージを持って生きていこう。