スノオヒト

自分の≪好き≫を大切に。自分の≪素材≫を大切に。

..【〈優しい動き〉とベリーダンス①】身体の負担の総量を減らす..

 

 

ダンスをしていると、

みんな大なり小なり身体の使い方について

色んな「??」が出てくるんじゃないかなあと思います。

 

 

私もそうでしたし、今もです。

 

 

例えば、動きそのものを再現したい時のハテナ、

「どう動けばそうなるの?」はもちろん、

怪我や痛みなんかの故障によるハテナ、

「どう動けば痛くならないの?」などなど。

 

 

ちなみに私自身はいつも腰をいためやすかったです。

定期的にぎっくり腰を繰り返したり、

去年7月には数週間寝たきりに近い状態になったりww

 

 

ほんとハテナだらけでした。

自分の身体の使い方がまずいのか

まずいとしたらいつがまずいのか、

割と常にまずいのか、

 

 

習ったようにやってるつもりだけど

自分がきちんと捉えられてなくてできてないのか、

習ったようにできてるけど、

自分の体のスペック的にその動きは負担が大きいだけなのか、

 

 

なかなか自分では判断って難しいし、

実際判断しきれなかった。

 

 

私自身がやっているのがベリーダンスなので、

今日はベリーダンスに特化して書こうと思いますが、

基本的にはどのダンスでも共通する話になるんじゃないかな、と思います。

 

 

腰を壊したあと「一体どうしろって言うんだい」状態の時の私。

最初に印象に残ったのは、

私にスキンドライブの存在を教えてくれた大畑先生から教わった、

【西洋人の身体の使い方と日本人の身体の使い方がある】とということでした。

 

 

(ちなみに大畑先生は↑の考え方を最初

スキンドライブつくった新井先生に教わったそうです。)

 

 

 

それは西洋人の身体と日本人の身体に元来違いがあるから。

(個人差はもちろんあることを踏まえた上で読んでください。)

 

 

西洋人は西洋人に合った身体の使い方をするほうが〈無理がない〉。

同じように日本人は日本人に合った身体の使い方をするほうが〈無理がない〉。

 

 

でも生活の欧米化などで

日本人全体が心身の使い方も西洋化しがち。

=無理がある。

 

 

また、ベリーダンスも元来西洋人からの発祥。

=西洋人の動き

=日本人には無理がある場合もある。

 

 

私はアスリートのように身体の限界を越えようと

激しいトレーニングをしたりしていたわけではないけど、

 

 

日常生活でもベリーダンスでも西洋的な動きになりがちだったのかな、と。

で、その積み重ねがドカンと来て

ぎっくり腰を繰り返したり寝たきりみたいになったりしたんじゃないかな、と思います。

 

 

「今までと同じ身体の使い方をしていたら、一時的に治ってもまたいつか繰り返すだけだしなあ」

「西洋人に合った身体の使い方、日本人に合った身体の使い方があるというなら、勉強したいな」

そう考えて、私はスキンドライブを学ぶことにしたんですねー。

 

 

で、、、

 

 

〈今まで〉

⚫︎ベリーダンスによる身体の負担 60

⚫︎その他の生活による身体の負担 60

合計 120の負担だったとして、

 

 

日本人に合った身体の使い方を知れば

⚫︎ベリーダンスによる身体の負担 60

⚫︎その他の生活による身体の負担 40

合計 100の負担、に減らすことができる。

 

 

また、スキンドライブレベルがスライムだったのが

バブルスライムくらいになれば、

⚫︎ベリーダンスによる身体の負担 60

⚫︎その他の生活による身体の負担 20

合計 80と更に減らしていける。

 

 

しかも最近思うのは、

西洋的な動きであるベリーダンスの動きの中にも

日本人的な身体の使い方で対応できる箇所もあるかもしれない。

 

 

すると、

⚫︎ベリーダンスによる身体の負担 40

⚫︎その他の生活による身体の負担 20

合計 60と、最初の半分くらい負担減ってるやん!もあり得る。

(※ 数値は例です)

 

 

多少負担をかけるシーンがあったとしても、

結果、【身体の負担の〈総量〉を減らす】ことができる。

 

 

そうすれば、

故障や怪我から距離をとることができるんじゃないかな、と。

すると、ダンスをやめる選択もしなくてすむ。

 

 

昨日書いた美容業についての記事と

根底は全く同じですね。

 

 

ダンスをしているとついつい

うまく踊るにはどうしたらいいか、

綺麗に見せるにはどうしたらいいか、

に考えが偏りがちだけど、

 

 

身体に優しくうまく綺麗に踊るには、と、

〈優しい〉をプラスすると

いいことかなり増えるんじゃないかな、と思います。

 

 

私も日々の生活から身体に優しい動きをしながら、

ベリーダンスも優しくうまく綺麗に踊る勉強をしていきたいなと思います。

 

 

身体の痛みや故障と常に隣り合わせでダンスをしている方がいたら、

ぜひ身体に〈優しい〉の観点をプラスしていただけるといいのではないかと思います。

 

 

f:id:resuno-ohito:20170502172635j:image

 

 

◆web shop スノオヒト◆

 

ニューオーダーメイドサロン、スノオヒトのメニュー表。

 

今現在作ったメニューが載ってます。

その他、相談の上手作り可能です。

 

※ ただいま出張のみ受付。

 

https://sunoohito.thebase.in/

 

Facebook


https://www.facebook.com/moriko1202


(↑一番更新している)

 

Twitter

 

https://twitter.com/moRiko1202

 

(↑たまに突然)

 

★LINE@

 

女性限定でお願いします。

自分の≪好き≫を大切に、

自分の≪好き≫に正直に。

そんな《性とsex》の軸が自分にあるといい

そこをライトに話すLINE@グループ。

少し突っ込んだ内容でよりpersonal。

http://line.me/ti/p/@osz8713o

 

(↑最近あんまり書いてませんが、過去の更新は見れるのでよければどーぞ。)

と言いつつ、最近また書き始めましたw

と言いつつ、また止まりましたw