スノオヒト

自分の≪好き≫を大切に。自分の≪素材≫を大切に。

..なりたい目元が叶うのは何もエクステだけではない、という話..

 

 

私はまつげエクステを施術してますが、

まつげエクステこそまつげ美容の最高峰とは別に思わないです。

 

 

まつげエクステ

まつげパーマ、

つけまつげ、

ビューラー+マスカラ、

(ここもホットビューラーかそうじゃないかという分け方もできる)

などなど、

 

 

まつげにおける美容の選択肢は今の時代色々あるかと思うんですが、

それぞれにそれぞれの良さがあると思います。

 

 

ざっと簡単にまとめると

 

 

<まつげエクステ>

・アイメイクの手間がずいぶんはぶける

・相手から見た、目を閉じた時のまつげ、伏目のまつげの美しさ

 

 

<まつげパーマ>

・自まつげを面の揃った綺麗なカールに整えられる

・マスカラでのメイクが楽しめる

 

 

<つけまつげ>

・パッと見でわかるほど幅の広いデザインが楽しめる

・短時間その時だけ出したい瞬間最大風速的な華やかさが出る

 

 

<ビューラー+マスカラ>

・とにかく色んなアイメイクを自分の手で追及できる

 

 

って感じでしょうか。

 

 

要はまつげエクステ、まつげパーマ、つけまつげ、ビューラー+マスカラ、

どれでもいいのです。

 

 

自分のなりたい目元が実現できる手段なら。

 

 

もちろんそれぞれにデメリットもありますから。

 

 

実際私自身も常にエクステをしてるかと言われればそうでもなく

使ってみたいマスカラやカラーマスカラがあったら

ビューラー+マスカラな時期を過ごすし

(カラーマスカラとカラーエクステの表現はまた違いますから

↑なんか変なギャグみたいになったけどw)

ダンスするときはつけまつげ使います。

 

 

要は自分のなりたい目元に対して

どの手段が有効か、ということかと。

 

 

なのでぼんやりでも漠然でもいいから

「こういう目元だと素敵だな」っていう自分の中のイメージを

お客様も普段から探していて下さるといいのではないかな、と。

 

 

恥ずかしかったり

私なんかそんなあれだし、、みたいな気持ちがあったりして

ご自身の希望を明確に伝えるのって

お客様側からしたら気が引けたりするかもしれないんですけど

 

 

「こうなりたい」を伝えられて嫌な技術者っていないと思うし

むしろ「素敵♡やろうやろうー!」って技術者が多いんじゃないかな、と。

 

 

ただ「なにがなんでもこうしてくれ!!!!」みたいなのは

「いや無理だから」ってシーンもありますけどねw

ひとまず落ち着いてくれ、とw

 

 

例えばですけど

「視線だけで男の人とちょっといい感じになれるようになりたいです」

って言われたら、私ならちょっと面白くてそれなりに考えます。

あくまで当社比ですけども。

ブルゾンちえみと上戸彩ではやっぱスタート地点がだいぶ違いますから。

 

 

話は逸れましたけど

要はエクステでなくてもなりたい目元は叶う可能性があるし

エクステだから叶うかもしれないし

 

 

もうなんなら素まつげのままが一番かわいいじゃんって人もいるし

 

 

まつげ美容各種それぞれのメリットデメリットを踏まえながら

そのときそのときのベストな選択をできたらいいのではないでしょうか、

という話でした。

 

 

f:id:resuno-ohito:20170806131617j:image